福祉・介護系の仕事の一つにケアマネージャーという仕事がありますが聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

福祉・介護系のケアマネージャーの仕事というのは、介護保険制度で、居宅介護支援事業者や介護保険施設などで、介護サービス計画を作るという専門の仕事を行っています。

福祉・介護系のケアマネージャーがいる介護保険施設というのは特別養護老人ホームや、老人保健施設などです。

福祉・介護系のケアマネージャーは、介護サービス計画を考えるのですがこれはケアプランと呼ばれています。

他にもケアマネージャーの仕事としては、介護認定を受けるための調査を行うという仕事もあります。

福祉・介護系の仕事であるケアマネージャーの資格は公的資格です。

ケアマネージャーの資格試験を受験するには、受験資格が必要です。

福祉・介護系の仕事のケアマネージャーの資格を取得するための試験は、各都道府県ごとに行われています。

合格率は25パーセント前後ということですからそれほど高くないのが特徴です。

この資格を取得したあとには、福祉・介護系の仕事である訪問看護事業所や、老人介護支援センターなどをはじめとするさまざまな施設で仕事をすることができます。