福祉・介護系の保険である介護保険の保険料について紹介したいと思います。

福祉・介護系の介護保険というのは保険料を支払わなくてはいけません。

所得ごとに収める福祉・介護系の介護保険の保険料は違っていますが、段階は5段階に分かれていて、生活保護を受けている人の場合には基準額の0.5、そして世帯全員が市民税非課税の場合には基準の額の0.75、そして本人が市民税非課税のときには、1.0倍、所得が二百万円未満の人は1.25、所得が二百万円以上の場合には1.5を基準額にかけて福祉・介護系の介護保険料は計算されます。

場合によっては低所得者を対象に6段階に分けているところもあるようです。

福祉・介護系の介護保険料を納める方法ですが、給料などから天引きされる場合もありますし、特別徴収として、老齢退職年金などから天引きされることもありますし、口座振替、コンビニでの納付も可能です。

もしも福祉・介護系の介護保険料を納めなければどうなるのかというと、支援が必要な時や介護が必要だと認定を受けた場合も、介護サービスを自己負担して利用するしかなかったり、自己負担の額が1割から3割になる場合もあるので、福祉・介護系の介護保険料は必ず支払わなければいけません。