福祉・介護系の短期入所療養介護について紹介したいと思いますが、この短期入所療養介護というのは、在宅介護型の、福祉・介護系の施設の一つです。

どのような福祉・介護系の施設になっているのかというと、対象になる人をだいたい2週間という決められた期間をめどにして、施設で預かって、介護を受けることができるのですがこの介護の中には、医療のケアも含まれています。

この短期入所療養介護のショートステイと呼ばれる福祉・介護系の施設を利用する人は、普段家で介護をしている人が何らかの事情から、介護ができなくなってしまった時などに、支援や介護をすることが必要であると認定されれば利用することができる福祉・介護系の施設の一つです。

福祉・介護系の施設である短期入所療養介護というのは、介護保険の適応になる施設です。

費用は介護される度合いによって変わってきますが、だいたい一日にして千円くらいの金額で受けることができますが、その料金以外に、日常生活で必要な生活費などは自己負担しなければいけませんが、それでも千円という低価格で利用できることで、介護疲れになった介護者の息抜きや病気の時などに利用されたりしている福祉・介護系の施設です。