福祉・介護系の仕事の中に、福祉用具専門相談員という仕事があります。

福祉・介護系の福祉用具専門相談員の仕事というのは具体的にはどのような仕事をするのかというと、福祉・介護系、医療系に関する知識を持って、福祉用具のプロとしていろいろと福祉用具についてアドバイスするというのが仕事です。

患者さんや、利用する人、家族とのコミュニケーションをたくさん取って、その人一人一人が必要とする福祉用具を選んであげたり、福祉・介護系のプロとして、福祉用具の使い方をアドバイスするという今までにはなかった新しいタイプの福祉・介護系の仕事です。

最近では介護保険制度が導入されるようになって福祉用具をレンタルすることも保険がもらえる対象なので、利用する人も多くなってきたと思います。

ですから、福祉・介護系の福祉用具専門相談員は、プロとしていろいろな福祉用具がある中からその人にあったものを選んであげなければいけません。

福祉・介護系の福祉用具専門相談員の資格は認定資格で、受験資格は特にないようです。

資格取得後は福祉・介護系の施設やサービスを行っているところ、福祉用具の販売メーカーなど、さまざまな所で活躍することができるといわれています。