福祉・介護系の施設の一つに老人デイサービスセンターと呼ばれる施設があります。

福祉・介護系の施設の中の在宅介護型の施設に当たるものです。

この老人デイサービスセンターと呼ばれる福祉・介護系の施設はだいたい午前中に預かって夕方に変えるというタイプの老人施設です。

お風呂に入ったり、食事、リハビリやレクリエーションも行うことができる福祉・介護系の施設です。

寝たきりになってしまった痴ほう症や体が弱っている人いなどで、普通に日常生活を過ごすことが難しいと判断された人で、支援や介護が必要だと認定された人だけが利用することができる福祉・介護系の施設です。

福祉・介護系の老人デイサービスセンターという施設は、介護保険の適用になります。

介護するレベルによって値段は違っているのですがだいたい1日にかかる費用は1000円くらいだといわれていてそれ以外に必要な人はおむつや生活に必要な費用の自己負担となります。

いろいろな福祉・介護系の老人デイサービスセンターがありますが、バスで家まで迎えに来てくれてお風呂も入って夕方にまたバスや車で家まで送ってくれるという老人デイサービスセンターもありますから、介護者の負担が少ないところが増えています。