福祉・介護系の老人保健施設について紹介したいと思います。

福祉・介護系の老人保健施設というのは、入所もできる介護施設のことです。

福祉・介護系の老人保健施設はどんな仕組みになっているのかというと、一定の期間で、だいたい3ヶ月くらいをめどにして施設に入所させます。
そして、体や日常生活の動作などをリハビリして、訓練を行います。

そして家でも日常生活が送れるようにさせるのが目的の福祉・介護系の施設です。

この介護老人保健施設に入所できる人というのは介護が必要であると認定された高齢者で、病気の症状は安定していて、特に医学的な治療などを必要としない人で、しかし、家庭で自分だけで生活をするというのは少し難しいと判断された人やその悩みを持っている人などが、この福祉・介護系の介護老人保健施設に入所することができます。

福祉・介護系の施設の介護老人保健施設は、介護保険の適用になる施設ですから少しの負担で済むとは言われていますが、それでも、介護の度合いにもより人それぞれですが、月にかかる費用というのはだいたい70000円くらいだといわれています。

介護の度合いによってこの値段はそれぞれ変わってきますから人によって違います。