福祉・護系のサービスの一つに、訪問リハビリテーションと呼ばれるサービスがあります。

これは、福祉・介護系のサービスの一つですが、理学療法士や、作業療法士などがお年寄りなどのいる家庭を訪問して、リハビリを行うものです。

日常生活を一人で生活できるように自立をサポートすることを目的として機能訓練を行うために訪問します。

福祉・介護系の訪問リハビリテーションサービスは、訪問リハビリステーションと呼ばれる施設に理学療法士や作業療法士がいますからそこから派遣されて各家庭に来ることになります。

具体的には福祉・介護系の訪問リハビリテーションのサービスの内容はどのような内容になっているのかというと、マッサージをしたり、軽い運動をしたりして機能が回復するように訓練やリハビリテーションを行います。

これは理学療法と呼ばれるものです。

このほかにも、福祉・介護系の訪問リハビリテーションのサービスとしては、手芸をしたり工芸をしたりしながら、手先の機能を訓練するという作業療法なども行われています。

どちらが行われるのかということは、その人に合わせて決まりますし、福祉・介護系の訪問リハビリテーションのサービス内容は人それぞれ違っています。