福祉・介護系のサービスの中に訪問看護ステーションと呼ばれる施設があります。

この施設は、福祉・介護系の中でも在宅介護型に当てはまります。

この福祉・介護系の訪問看護ステーションのサービスはどのようなものになっているのかというと、看護師が在宅で寝たきりになっていて病院に通うことができない人の家を訪問して、看護のサービスを行う仕組みになっています。

福祉・介護系の訪問看護ステーションを利用できる人は、老人医療を受給している人で、何らかの病気や負傷などで、家で寝たきりになっている人を対象にしています。

病院の先生が訪問介護をすることが必要だと認めたときにサービスを利用することができます。

福祉・介護系の訪問看護ステーションは介護保険の適応になります。

気になる費用ですが、基本的なこのサービスの利用料金は、1回につき250円くらいになっています。

最近ではこの福祉・介護系の訪問看護ステーション施設は増えていて、老人のお宅を自転車に乗って回る看護婦さんの姿もよく見かけると思います。

寝たきりで病院に通うことができないお年寄りにとっては、この訪問介護ステーションサービスはとても助かるサービスの一つになっています。