福祉・介護系のサービスにはいろいろなサービスがありますが、福祉・介護系のサービスの一つに訪問入浴と呼ばれるサービスがあります。

福祉・介護系のサービスの訪問入浴というのはどのようなサービスなのかというと、自宅で生活をしている寝たきりのお年寄りがいる家などへ行って、入浴を手伝うことを言います。

寝たきりのお年寄りに入浴をさせるというのはかなり大変なことで、家族で介護をしていても、一番大変な介護の一つとも言われています。

福祉・介護系のサービスの一つとして、入浴施設へ連れて行ったり、簡易浴槽などが設置されている移動入浴者を利用して、入浴介助を行うためのサービスです。

福祉・介護系のサービスの訪問入浴は誰でも利用できるというわけではなくて、訪問入浴サービスを利用できる人というのは医師が判断した人に限ります。

一般的には、看護婦が同行して介護が必要な人の健康状態を確認してからなにも問題がない場合に介護者を入浴させることになっています。

お風呂に入ることのできないお年寄りやなかなか入浴を自分たちの手で行うことができない介護者にとっては、福祉・介護系サービスの訪問入浴はとても助かるサービスの一つではないでしょうか。