福祉・介護系のサービスの一つに訪問看護と呼ばれるサービスがありますがご存知でしょうか?

同じ福祉・介護系のサービスの中には訪問介護と呼ばれるホームヘルパーが訪問していろいろなサービスを行うこともありますが、この福祉・介護系の訪問看護と呼ばれるサービスは看護婦が訪問していろいろなサービスを行うことを言います。

福祉・介護系の訪問看護サービスは訪問看護ステーションと呼ばれる施設にいる看護師や保健師がお年寄りのいる家庭を訪問することで、主治医と連携して病気を診たり、床ずれになっていないかチェックしたり手当をします。

福祉・介護系の訪問看護サービスを受けることができる人というのは、何らかの病気や負傷などで、家で寝たきりの状態になっているお年寄りです。
医療受給対象になっていて医師が訪問看護が必要だと決めたときなどに利用することができます。

具体的には、福祉・介護系の訪問看護サービスではどのようなサービスが行われているのかというと、血圧をチェックしたり、脈拍をチェックするといった健康観察や食事、お風呂、排泄などを手伝ったり、床ずれを予防するため処置などを行います。

また、人によっては栄養チューブや尿の管をつけている場合にはそれらの管理なども行われています。